new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

St.ジョーンズワートのヒマシ油抽出

9,800円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料についてはこちら

「肝」「腎」、そして胃腸をいたわりたい方に。 デトックス、冷えとり、鎮静などを求める方に。 これがひまし油?と信じられないほど、すばやく浸透する、サラサラ&温もり両立のオイルです。 「ケイシー療法ではフランネルや温熱器が必要なので、少しめんどう…」という方にもぜひ。 お肌に塗布して、軽く撫でるだけで、奥へ届く感触を感じられるでしょう。 ヒマシ油特有のベタつきがなく、塗った直後からサラサラする驚き。 制作者のYASUKOさん曰く「そういうふうに作っております♪ 乾燥肌の方々からも喜ばれています」 店主にとっては「お肌の消しゴム」でもあります。 ここぞというときの、贅沢な「アンチ・シミ」オイル。 心にダメージがあるときにも寄り添ってくれる、赤いセラピーオイルでもあります。 ●セントジョーンズワートについて セントジョーンズワートの歴史は古代ギリシアまで遡り、ヨーロッパでは昔から「悪魔を追い払うハーブ」として親しまれてきました。 軽いうつ気分、「落ち込み」を和らげるハーブとして、ほか不眠や更年期に、腎や肺の不調に、切り傷や筋肉痛など外用にも、重宝されてきました。 アメリカでは「ハッピーハーブ」「サンシャインハーブ」などと呼ばれ、心を前向きにするハーブとして親しまれています。 セントジョーンズワートには150種類以上の成分が含まれ、おもにハートに影響をもたらすとされているのが、「セロトニン」を増幅するはたらきを持つ「ヒペルフォリン」。安らぎや穏やかさをもたらすと考えられています。 ●ひまし油について アフリカやインド原産のヒマ(唐胡麻)の種に、圧力をかけて絞った油です。 古来より、中国では漢方として、古代エジプトでは軟膏として用いられ、中世ヨーロッパでは「キリストの御手」と呼ばれ、重用されていました。 その解毒作用から、日本でも伝統的に下剤として用いられてきました。 お肌の深い部分のビューティーケアとしては、古今東西で鉄板のオイルと言えるでしょう。 塗りはじめは重めのテクスチャーなので、冬場の乾燥・冷え対策に愛用する方も多いですが、紫外線のつよい時期のダメージにもおすすめ。(光毒性が心配な方は夜のご使用をおすすめします) 【容量】1onz(30ml) ★「SHASTICA(シャスティカ)」のプロダクツは、特別なオーガニックなものです。 ネイティブアメリカンの聖地・シャスタ山のふもとで暮らす、奇跡のハーバリストと呼ばれるYASUKO MORIKAWAさん。 彼女が四季折々に息吹く自生の草花を摘み、春分や夏至、秋分や冬至の日のエネルギーに満ちた湧水を汲み、新月や満月で月光浴させ、ひとつひとつ手づくりしている、希少なオイルやクリームです。 エネルギーをおすそ分けしてくださる準備ができていない植物は、けっして摘まない。 そんなふうにひとつ一つの植物と対話し、風のそよぎ、陽の煌めき、月の恩寵を感じながら暮らす日々。 妖精のような彼女の生み出すプロダクトは、優しく繊細なだけでなく、ダイナミックな生命力に満ちています。 ふしぎなエネルギーを、どうぞ感じてみてください。 【店主ブログ記事】 *永遠に塗り続けられるクリーム。の作者に会えました! https://ameblo.jp/studiopocket/entry-12778333112.html *私が自社バームを売るのをやめた理由。シャスタ山に住むアナスタシアのコスメ https://ameblo.jp/studiopocket/entry-12596752864.html 【ご注意】 ※高温多湿の場所、直射日光の当たる場所では保管しないでください。 ※乳幼児、妊娠中や授乳中の方は、使用をお控えください。 ※持病をお持ちの方は、あらかじめ専門医にご相談ください。使用中に異常を感じた場合は、使用を中止し、専門医にご相談ください。 【発送について】 ※ヤマト運輸の「宅急便コンパクト」、または定形外郵便にてお届けいたします。 ※複数個、または他の商品と合わせてご注文された場合、送料が変わることがございますので、ご了承ください。

セール中のアイテム